春日部桐箱かすかべきりばこ

 約三百年の歴史と伝統を誇る春日部の桐箱。
 江戸時代の始め頃、日光東照宮造営のために全国から優れた工匠が参集しました。彼らは、その後も日光街道沿いの粕壁(春日部)の地に留まり、豊富な桐材をもとに、指物、文庫、桐枕、整理箱やその他庶民向けの小さな日用品を作り続けました。
 世界で唯一、桐を家具用材とするこの日本で、桐の収納具が庶民の間に広まったのは、桐たんすが登場してからのことです。それまでは竹製の行李、木製の長持や櫃など、箱状のシンプルな収納具が使われていました。
 現在は若手の職人とデザイナーが協力して桐材としての特徴を活かしたパッケージを提案するなど、新しい方向を見出しつつあります。


主な生産地 春日部市       
生産組合  春日部桐箱工業協同組合

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる