春日部押絵羽子板かすかべおしえはごいた

 押絵羽子板は、文化・文政(1800年代前期)の頃の起り、当初は胡粉ごふんを盛り上げ、その上に金箔をおき、図柄を押した左議長さぎちょう羽子板に押絵を併用したものであったと言われます。
 その後、役者絵や浮世絵の人物が図柄に使用されるようになり、実用と鑑賞用として普及してきました。
 春日部の羽子板は、豊富な桐材を用いて羽子板を作る板屋職人が多く居たところに、浅草の押絵職人が移り住んだことにより産地が形成されたと言われています。
 押絵羽子板は面相師めんそうしにより描かれた下絵を、押絵師おしえしが厚紙に写し、布でくるみ板に鋲で打ちつけるもので、立体感があることが特徴です。


主な生産地 春日部市    
生産組合  春日部羽子板組合

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる