春日部桐かすかべきりたんす

 春日部地方で桐たんすが生産されるようになったのは、江戸時代初期で、日光東照宮造営に参加した工匠こうしょうの一部が、日光道中の宿場町である粕壁(春日部)に住みつき、周辺でとれる豊富な桐材を用いて長持ちや指し物を作り始めたのが起源だといわれています。
 その後、京都から移住してきた工匠たちが、衣装入れに便利な引き出し式二つ重ねの簞笥を考案し便利と評価される一方で、軽くて湿気に強く火事にも耐えるという素材の持つ特徴が、火事の多かった江戸の人々に歓迎されたこともまた、春日部桐たんすの発展に結びつきました。
 桐たんすは加工が容易なことも大きな特徴です。そのため削り直しが容易であり、古くなった桐たんすを再生して新品同様に仕上げることも可能です。


主な生産地 春日部市     
生産組合  春日部桐たんす組合

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる