草加本染そうかほんぞめゆかた(本染ほんぞめゆかた)
草加本染そうかほんぞめゆかた(長板中型ながいたちゅうがた

 草加市の「ゆかた」は、江戸時代の後期、江戸神田の染織業者が大火により焼き出され、水の豊富な当時の草加に移住し事業を再開したのが始まりと伝えられています。
 埼玉県南東部(草加市)は、染め物には欠かすことができない水が豊富にあったことから、盛んに作られるようになりました。
 また、江戸という大消費地に隣接していたことも発展の大きな要因となりました。
 草加本染ゆかたは、染料を注いで模様を染める注染ちゅうせんと呼ばれる技法を使っているところに特徴があります。 (※ 注染とはやかんで染料を注ぎ込んで染める染色技術。濃い色合いと美しいぼかしが特徴。)
 現在は、主製品のゆかた地のほか、風呂敷、手ぬぐいなどを多く生産しています。


主な生産地 草加市

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる