熊谷染くまがやぞめ友禅ゆうぜん
熊谷染くまがやぞめ小紋こもん

 江戸時代初期、すでに木綿の集散地であった熊谷に荒川の伏流水として今でも流れる星川は、染色業者にとって絶好の存在でした。木綿の染めをする「紺屋」が始まりでしたが、元禄に入って絹織物が庶民に許されるようになってからは、絹織物の捺染業者が主流となり今日に続いています。
 現在は型紙に彫られた精緻な図柄を型付けする小紋と、優雅な手描き友禅の二つの技法を受け継いだ工芸家が素晴らしい作品を生み出しています。


主な生産地 熊谷市        
生産団体  NPO法人熊谷染継承の会

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる