竹釣竿たけつりざお

 川口・鳩ヶ谷を中心とする竹釣竿の起源は、天明年間(1780年代)と伝えられます。当時、同地区を流れる芝川一帯に繁茂している布袋竹ほていちくを用いて作られた釣竿が、良質で好評を得たことにより、近在の農家の副業として発展してきました。
 その後、慶応年間(1865〜1868年)には、現在の製品に見られる、2〜3本に全部品が収納でき、持ち運びに便利な差し込み式継ぎ竿の技術が加えられ、数多くの名品を生み出し、全国的に有数な産地となりました。
 竹釣竿は、天然の素材を用いるために使い手に馴染み、“曲がり”を修正できるのが特徴で、熟練した竿師さおしの手にかかれば、瞬時に矯正されるといいます。


主な生産地 川口市        
生産組合  埼玉県釣竿工業連合組合

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる