秩父銘仙ちちぶめいせん

 秩父銘仙は、崇神天皇の時代に知々夫彦命が住民に養蚕と機織の技術を伝えたことが起源と言われています。
 その後、伝統を受け継がれつつも高品質なものへと改良を重ね、明治中期から昭和初期にかけて最盛期を迎えます。
 絹織物の秩父銘仙は、平織りで裏表がないのが特徴で、表が色あせても裏を使って仕立て直しができるという利点があり、女性の間で手軽なおしゃれ着として明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇るようになりました。
 特に独特のほぐし模様が人気を博したと言われています。また、当時は養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事にかかわっていたと伝えられます。


主な生産地 秩父市ほか   
生産組合  秩父銘仙協同組合

 

埼玉県指定伝統的手工芸品メインにもどる